行政で許認可業務を経験した行政書士にお任せください!

建設業許可は申請をしてから取得まで1か月程度を要します。早く許可を得るためにはいかに早く書類を準備して申請するかが重要になってきます。弊所代表行政書士の小川は、北海道庁において長年許認可業務に携わり、許可取得のポイントや申請書作成のポイントを熟知しており、この経験はきっとお客様のお役に立てると確信しております。また、建設業許可を中心に各種関連業務にも対応しております。「許認可申請なら、小川に相談すればいい」と思っていただけることを目標としています。まずは、お気軽にご相談ください。

建設業許可とは?

建設業許可は、税込み500万円以上(建築一式工事では、税込み1500万円以上または木造住宅で延べ面積が150㎡以上)の工事を請け負うために必要なものです。許可の取得と維持に一定のコストがかかりますが、500万円以上の工事を受注できるようになることや、許可を持たない下請業者とは取引をしない元請業者と取引ができるようになることなど「さらなる業務の獲得」や「社会的信用の獲得」などチャンスや信頼が広がります。許可は建設工事の種類ごとに取得し、「知事・大臣」許可と「一般・特定」許可に区別されます。事業者様が取得されるのは「知事許可の一般許可」がほとんどです。

建設業許可を取得するには

建設業許可を取得するには、以下の条件をすべて満たす必要があります。

  • 建設業に関して経営業務の管理能力があること
  • 選任技術者を営業所ごとに常勤で配置していること
  • 請負契約に関して誠実性があること
  • 請負契約を履行するに足りる財産的基礎と金銭的信用があること
  • 欠格要件に該当しないこと

弊所の特徴

スピード

弊所は、許認可を専門とする行政書士事務所であり、行政で長年、許認可業務の経験を積んだ行政書士が対応いたしますので、迅速かつ丁寧、確実に業務を推進していくことが可能です。

お客様の立場を考えた対応

弊所ではお問い合わせや面談時におけるヒアリングを重視しており時間をかけて懇切丁寧に聞き取りを行います。許可取得はもちろん、許可取得後のケアについてもお客様の立場に立った業務を遂行いたします。また、事前にご予約をいただいた場合には、休日や夜間の面談・打ち合わせににも対応させていただきます。

明朗会計

ヒアリング終了後、見積書を発行いたします。内容をご確認いただき、ご納得いただけたら入金いただき業務の着手となります。別途業務が発生しない限りは原則追加費用は請求いたしません。また万が一、弊所の責任で許可が取得できない場合、報酬は全額お返しいたします。

ご依頼の流れ

STEP1 お問い合わせ

まずは、お電話、お問い合わせフォームよりご連絡ください。その際、現況について簡単なヒアリングを行います。

STEP2 面 談

許可取得に向け面談を行い、より深く聞き取りをさせていただきます。同時に 許可取得までの流れや必要書類についてもご案内させていただきます。見積書を提出後、正式ご依頼となりましたら、請求書を発行いたします。入金の確認が取れましたら業務の開始となります。

STEP3 書類作成・資料収集

申請に向けて書類を作成します。また各種証明書等必要書類の収集を行います。一部、お客様にご準備いただく資料や押印をいただく書類がありますのでご案内いたします。

STEP4 申 請

作成した申請書類と必要資料を持って、担当窓口にて申請を行います。申請は弊所が代行いたします。

STEP5 許可取得

申請受理後、審査期間(1か月程度)を経て許可取得となります。

お気軽にお問い合わせください。0138-56-0438受付時間 9:00-20:00 [日・祝日除く](ご希望により、日・祝日や営業時間外も対応しております。お気軽にご相談ください。)

お問い合わせ