離婚後も夫名義・夫の住宅ローンの家に住み続けたときのリスク3つ

こんにちは。函館の行政書士 小川たけひろです。

離婚の際に、持ち家をどうしたら良いかでご相談を受けることが少なくありません。

特に、住宅ローンを抱えての離婚の場合、ご夫婦の話し合いが難航することもあります。また、夫婦で話がまとまっても、金融機関との話し合いでSTOPをかけられたり、そもそも交渉することもできなかったりといろいろ難しいこともあります。

この記事では、夫名義・夫の住宅ローンの持ち家に妻が離婚後も住み続けた場合のリスクと対応策について解説いたします。

リスク1 夫に新しいパートナーができ、ローンを払わなくなる可能性がある

住宅のローンは夫が責任を持って払い続けると約束して離婚するご夫婦もいらっしゃるでしょう。離婚後数年は返済が遅れることも滞ることもなく、しっかり払われていたのに、ある時から、返済が遅れ出し、しまいには全く支払われなくなることもあります。

病気や怪我、仕事が変わった、不景気で減給されたなどある意味止むを得ない理由もありますが、その他に、夫に新しいパートナーができたという理由もあります。

夫に新しいパートナーができるということは、離婚後の人生ですから、十分にあり得ることです。

しかし、元夫がこのまま返済をしないでいるとどういうことになるのでしょうか。

元夫がローンの返済をしないでいると、その家は差押えられ、競売にかけられることになます。

そして、元妻は強制的に退居させられてしまうことになります。また、元妻が住宅ローンの連帯保証人になっている場合には、住宅ローンの残りを一括返済するよう求められることもあります。

リスク2 夫が、新しい家の購入資金を捻出するため、元妻が住む家を売却する可能性がある

元夫が再婚し、新しい家族が出来たとき、マイホームを購入しようと考えるかもしれません。その際、元妻が住んでいる家にローンの残債がある場合、元夫は、マイホームを購入するために、低金利な住宅ローンを組むことができません。

仮に、運よく新たにローンが組めるとしても、不動産担保ローンなど決して低金利とはいえないローンを組まざるを得なくなり、金利もかなり上がってしまいます。

こういう状況になると、元夫は、元妻の住んでいる家が自分名義であることを良いことに、売却してしまおうと考えます。

元妻が離婚後、何事もなく暮らしていたある日、元夫から突然「家を売るから出て行って欲しい」と言われるかもしれません。

仮に、離婚時に夫名義の家に住む条件として、夫名義のローンを元妻が支払うことになっていて、現実に離婚後支払い続けていたとしても、夫から立ち退きを請求された場合は、出て行かなくてはなりません。

リスク3 金融機関の知るところとなり、一括返済を迫られる可能性がある

そもそも、夫名義の住宅ローンが組まれた家に、元妻とはいえ、離婚して“赤の他人”となった者を住まわせ、元夫名義のローンを元妻が支払い続けることが可能なのでしょうか。

ローンを払い終わるまで金融機関に知られないこともあるかもしれませんが、いつ“バレる”かと心配しながら暮らし続けるのは、精神的に落ち着かないでしょう。

しかし、支払いの遅れもなく、返済し続けてきたにもかかわらず、金融機関に知られてしまうとどうなるのでしょうか。金融機関からすれば、住宅ローンの名義人が、ローンの対象物件に住んでいないことをルール違反とみなします。

住宅ローンは、ローンを支払うと約束した人がその家に住むということを条件として、低金利で貸しているのです。つまり、貸した相手がその家の住人でなくなった場合、金融機関からすれば、低金利の住宅ローンでは貸せないということになります。

その結果、通常よりはるかに高金利のローンに組み替えることを条件にされたり、最悪、一括返済を迫られる可能性があります。

仮に、一括返済を迫られて返済できないとなると、その家を差押えられ、競売にかけられ、結局退居せざるを得なくなる可能性があります。

リスク回避の方法は?

では、これらのリスクを回避する方法はあるのでしょうか。

夫名義・夫名義の住宅ローンの家に妻が離婚後も住み続ける場合、家の名義やローンをどうするべきか、夫婦だけで判断することは難しい場合も少なくありません。

特に住宅ローンを借りている金融機関に内緒で、離婚後、妻が棲み続ける代わりに、ローンを払い続けるといったことを条件とすることはおすすめしません。

ここは、離婚前に金融機関にその旨を相談して、金融機関の対応次第で対策を考えるべきです。金融機関に相談することによって、ベストな解決方法を提示してくれる可能性もあります。くれぐれも金融機関に内緒で妻がローンを払い続けることを条件に住み続けるという選択はやめるべきです。

まとめ

離婚後も元夫名義・夫名義のローンの家に住み続ける方は少なくありません。

このようなケースの家に元妻が離婚後も住み続けることのリスクは決して他人事ではありません。離婚後の生活を脅かすようなリスクを抱え込むことにより、離婚後の人生設計が大きく変わってしまう可能性もあります。

離婚後も夫名義・夫名義のローンの家に妻が住み続ける場合には、考えられるリスクの存在を認識したうえで、借入れの金融機関に相談し、その上で対策を施しましょう。

決して夫婦だけで判断し、離婚後も金融機関に内緒で妻が住み続けることを条件に妻がローンを払い続けるなどの取り決めはやめましょう。必ず金融機関との相談したうえで、再度話し合って取り決めしましよう。

そして、取り決めたら、取り決め内容を意離婚協議書や離婚公正証書などに記載しておくようにしましょう。当事務所では、住宅ローンを抱えて離婚をする場合についてのお悩みなどのご相談、離婚協議書や公正証書作成支援など承っております。

お気軽にお問い合わせください。0138-56-0438受付時間9:00~20:00(日祝日も受付ております。)

お問い合せはこちら 24時間対応