離婚における「解決金」とはどのようなものか?

こんにちは。函館の行政書士 小川たけひろです。

離婚に際して、支払われるお金として思い浮かべるのは、「慰謝料」「養育費」「婚姻費用」「財産分与」といったものではないでしょうか。

そして、実務ではこの他に、「解決金」というものを利用することがあります。「解決金」というネーミングから、「慰謝料」などに近いものを想像してしまいますが、違いはあるのでしょうか。

この記事では、「解決金」の性質や「慰謝料」などとの違い、その使われ方や、デメリットについて解説いたします。

離婚における解決金とはどのようなお金か?

離婚における解決金は、離婚問題を解決するために、配偶者の一方から他方に対して支払われるお金のことをいいます。

法律上の規定がなく、離婚に際して、必ずしも支払われるものではありません。

解決金の趣旨としては、損害賠償金、財産分与、慰謝料、迷惑料、口止め料、手切れ金などの意味合いの金銭を、必ずしもその発生原因や中身を明かさずに取り決めされるのが特徴です。

 解決金が使われる具体的な場面と解決金のメリット

では、どのようなケースで解決金が支払われるのでしょうか。

解決金は離婚をスムーズに成立させるために使われる金銭です。夫婦は話し合いの上、合意できれば離婚が成立しますが、離婚したいと一方が申し込んでも、相手も同じ気持ちであるとは限りません。そこで、解決金を提示することで、相手を離婚に向かわせるきっかけを作ることがあります。たとえば、妻が専業主婦で、離婚後の生活に不安を感じて離婚の同意に躊躇しているようなケースで、解決金を支払うことで離婚に応じてもらえるかもしれません。

また、夫婦のどちらかに不貞行為や夫婦関係を壊してしまうような原因を作って離婚に至ったようなケースで、相手に「慰謝料」や「口止め料」という名目でお金を支払うと、支払う方に非があるかのように捉えられるため、その結果、話し合いがスムーズに進まないことが、少なくありません。また、受け取る方にとっても、世間的に都合が悪かったり、受取りにくさがあるといったこともあります。

解決金とすれば、支払う方にとっては自分の非を隠すような体裁をとれるし、受け取る方についても、早期に金銭を支払ってもらえるなど、双方にメリットがあります。

解決金と慰謝料の違い

では、解決金と慰謝料に違いはあるのでしょうか。

上述のとおり、解決金は慰謝料という中身を隠して支払われる場合があるため、解決金と慰謝料を同じものと考えてしまうことも無理はありません。

しかし、厳密には違いがあります。

解決金は、法律に規定がなく、そのため、必ずしも支払われるべきものではありません。

一方、慰謝料は、民法の不法行為に関する規定(709条)により、一方の配偶者の不貞行為(不倫や浮気など)やDVにより、精神的な苦痛を負った配偶者が請求可能です。つまり、慰謝料については、解決金と違い、法律の根拠が存在します。

そのため、離婚について、夫婦で話し合う「協議」や裁判所における「調停」においては、解決金が用いられることがあります。

しかし、裁判においては、法律的根拠のない解決金を請求することはできません。ただし、裁判の途中で、夫婦が合意できれば、「和解離婚」という形で離婚を成立させることは可能です。

判決まで時間を待たずに離婚したいと希望するなら、他方の配偶者に和解金を支払うことによって、離婚に応じてもらうといった方法があります。つまりこの和解金は、協議離婚や調停離婚においける解決金と実質同じ意味合いとなります。

解決金のデメリット

上述のとおり、解決金は、発生原因や中身をあいまいにしたまま支払うことが可能です。

つまり、「慰謝料」なのか「財産分与」なのかはっきりしないまま支払われる場合があります。

こういった場合、離婚協議書などの文書にしておかないと、離婚後にトラブルになりかねません。

どういうことかというと、支払った方は、解決金を慰謝料の意味で支払ったつもりなのに、相手に真意が伝わらず、再度、慰謝料として請求されてしまうことがあります。

こういったことを避けるためにも、解決金を支払う場合には離婚協議などの文書を作成し、文書中に清算条項を記載しておきましょう。

まとめ

離婚において、解決金は、内容を明らかにする必要がないため利用されることが多いものですが、内容が曖昧であるため、後々トラブルになるケースも見受けられます。

そのため、解決金を取り決める際は、慎重に取り決めを行うことが重要です。

また、取り決めの際は、必ず離婚協議などの文書を作成し、清算条項も記載しておくことが大切です。