離婚前に持ち出して良いものダメなもの

こんにちは、函館の行政書士 小川たけひろです。

離婚を前提として別居をする際、別居後の生活を考えて、通帳や家財道具を持ち出して良いものかどうか悩むことがあります。しかし、必要だからと何でも持ち出してしまっては、後々トラブルになることもあります。

後々の無用なトラブルを避けるためにも、持ち出して良いものとダメなものをしっかり知区別して知っておくことが必要です。

現金

結婚後に夫婦で協力して貯めたお金であれば、半分までは持ち出しても大丈夫です。ただ、持ち出した分については、後で、婚姻費用の支払いや、離婚時の財産分与の際に考慮され、相殺される可能性があるので注意が必要です。そのため、持ち出した分はしっかり記録したり、持ち出し分を証明できる状態にしておきましょう。

預貯金通帳

別居をする際、自分名義の預金通帳は持ち出すことについては問題ありません。

また、パートナー名義の通帳については、普段から生活費の出し入れに使っていたものであれば、持ち出しても大丈夫なようです。

ただし、パートナーが結婚前から使用していた個人の通帳などの持ち出しはいけません。

では、生活費の管理に使用していたパートナー名義の通帳から、勝手にお金をおろして使うことはいいのでしょうか?

なるべくならパートナーの許可なく引き出すのは避けた方が無難ですが、手元にお金がなくて、緊急に必要な場合、その額が婚姻費用(生活費)として認められる程度であれば、ほとんど問題にならないと思われます。

ただ、現金を勝手に持ち出した場合と同様、婚姻費用の支払いや、離婚時の財産分与の際に考慮され、相殺される可能性が高いでしょう。

また、パートナーに預金通帳を全部持って行かれて困っている側から、返還請求されることも有り得ることです。返還しなかった場合、預金口座を凍結されることがあるかもしれません。

したがって、別居するにあたっては、パートナー名義の通帳を持ち出すのではなく、早急に婚姻費用の分担請求をするようにしましょう。婚姻費用の支払いが始まるまでは、自分の預金通帳のお金を使っておいた方が無難でしょう。

家具や家電製品

いつ、誰が購入したものかによりますが、持ち出して大丈夫なものは、結婚前に自分のお金で購入したものです。また、結婚後でも、結婚前から自分が持っていたお金で購入したものです。

では、勝手に売却などの処分をしたり、持ち出してはダメなものはどのようなものでしょうか?

・結婚前にパートナーが自身のお金で購入したもの

・結婚後でも、結婚前からパートナーが所持していたお金で購入したもの

・結婚後に夫婦共同で購入したものです

はっきり、区分できないものについては、後で問題になる可能性があるため、持ち出しはやめておいたほうが良いでしょう。

マイホームや土地などの不動産

では、パートナーに相談なくマイホームや土地を売却できるでしょうか?

これについては、パートナーの名義である場合、勝手に売却することはできません。

また、勝手に売却をしようと思っても、通常、売却する際には、本人確認などハードルが高くなるため、売却は事実上困難と思われます。

では、逆に、家を出て行った側が次のようなことをされた場合はどうなるのでしょうか?

家に置いていたものを勝手に捨てられたらどうする?

では、パートナーが勝手に家を出た方に無断で家財道具や私物を捨てたり売ったりしてしまったらどうすればいいでしょう。

結婚後に結婚生活のために購入した物なのか、全くの私物なのかによって異なりますが、私物を勝手に処分された場合、損害賠償請求を求めていくことになるでしょう。

別居する際に、持ち出しできない大事な物がある場合や、パートナーが勝手に処分してしまう可能性がある場合には、処分しないで欲しいという旨と勝手に処分した場合には損害賠償請求する旨を伝えておくことが肝心です。

もし、パー

別居開始後に作った財産はどうなるのか

別居後に築いた財産はそれぞれの特有財産になります。そのため離婚時に財産分与の対象とはなりません。

離婚する場合、別居開始時点の夫婦の共有財産について、財産分与することになります。

お気軽にお問い合わせください。0138-56-0438受付時間9:00~20:00(日祝日も受付ております。)

お問い合せはこちら 24時間対応